お笑い芸人

ビートたけしの元嫁が駆け落ち?幹子との馴れ初めや不倫騒動まとめ【画像】

ビートたけし,画像

ビートたけしさんが再婚したという話が話題となっていますね。

ビートたけしさんは73歳で相手の女性は18歳年下だということも驚きですが、2019年6月に40年近く連れ添った嫁の幹子さんと離婚していたというのも驚き!

そこで今回はビートたけしさんの元嫁である幹子さんについてご紹介していきたいと思います。
元嫁の駆け落ちの真相やビートたけしさんと元嫁の馴れ初めについて、そして不倫騒動についてもまとめてご紹介していきます。

ビートたけしの元嫁幹子はどんな人?

ビートたけし元嫁,画像ビートたけしさんの元嫁は幹子さんという女性です。
まずは幹子さんがどんな女性なのか、プロフィールをみていきましょう。

  • 名前:北野幹子(旧姓:松田幹子)
  • 生年月日:1951年
  • 出身:大阪府
  • 職業:元漫才師

幹子さんの実家はお寺で、1971年に司ミキという芸名で漫才師としてデビューしました。
その後、改名を繰り返し漫才師として活動していましたが、結婚後は引退しています。

幹子さんとビートたけしさんの間に子供は2人。
1981年3月に長男が誕生し1982年10月に長女が誕生しています。

実はビートたけしさんと幹子さんが正式に入籍したのは1983年で、子供が生まれてから婚姻届を出したということになりますね。

現在幹子さんはオフィス北野の代表を務めていますが、2018年3月にビートたけしさんはオフィス北野から独立し「T.Nゴン」を立ち上げています。



スポンサーリンク

ビートたけしの元嫁は駆け落ちしていた!

ビートたけし元嫁,画像ビートたけしさんは幹子さんと結婚した当時から女性問題が度々報道され、自宅にはほとんど帰らなかったというのは有名な話です。
しかし、実は幹子さんも結婚時代に不倫し駆け落ちをしていた過去があるんです。

このとき幹子さんが駆け落ちした相手は松竹芸能に所属していた笑福亭枝鶴さんだと言われています。

笑福亭枝鶴,画像幹子さんが駆け落ちすることになったのは、ビートたけしさんの度重なる浮気に耐えられなくなったから。

そのため、ビートたけしさんは駆け落ちした先に自ら出向いて謝罪し、幹子さんを連れ帰ったそうですよ。

ビートたけしと幹子の馴れ初めは?

ビートたけし,画像ビートたけしさんと幹子さんの出会いは1978年
当時幹子さんがアシスタントをしていた「大正テレビ寄席」でビートたけしさんと出会ったそうです。

出会った当時、ビートたけしさんは売れない若手芸人でしたから、幹子さんがスナックでアルバイトをして生活費を工面していたとか。

出会ってすぐに同棲をはじめ、1980年には事実婚状態になります。
そして1981年に長男が誕生しました。

ビートたけし,画像この頃すでに幹子さんは漫才師を引退していましたが、1981年10月10日放送の「オレたちひょうきん族」で夫婦漫才を披露したそうです。

1982年には長女が誕生し、1983年にビートたけしさんと幹子さんは正式に入籍しました。



スポンサーリンク

ビートたけし不倫騒動まとめ【画像】

ビートたけし,画像ビートたけしさんと幹子さんは1980年に事実婚状態になり、2人の子供にも恵まれ1983年には正式に入籍したのですが、実はこの当時から別居状態にあったそうなんです。

夫婦でありながら別居をし、月に数回食事をするという夫婦生活。

この期間にビートたけしさんには度々不倫の話がありました。
そこで、ビートたけしさんの不倫騒動についてまとめてご紹介していきましょう。

ビートたけしの愛人①専門学校生B子

ビートたけし,画像1986年にビートたけしさんが起こした「フライデー襲撃事件」をご存知でしょうか。

当時交際していた21歳の専門学生をフライデーの記者が追いかけ回し怪我をさせてしまいました。
これに対しビートたけしさんが怒り、たけし軍団メンバー11人でフライデー編集部に押しかけたという事件です。

肋骨を骨折するなど怪我人が出た事件で、ビートたけしさんは逮捕されています。

実はこのとき交際していた専門学校生は、1990年にビートたけしさんの子供を出産しています。
子供は女の子でしたが、後にビートたけしさんとは破局したそうです。

ビートたけしの愛人②細川ふみえ

細川ふみえ,画像ビートたけしさんは当時グラドルとして人気だった細川ふみえさんとも不倫していました。

ふたりは1990年代前半に「スーパーJOCKEY」という番組で共演し、交際がスタート。

ビートたけしさんは細川ふみえさんと交際中、細川ふみえさんに会いに行く途中に酒気帯び運転でバイク事故を起こしました。

ビートたけし,画像現在でも顔面に麻痺が残っているのは、この事故が原因です。
この事故によりビートたけしさんは半年間テレビの仕事を休止していました。

愛人に会うために酒気帯び運転で大怪我をするなんて、今の時代なら間違いなく芸能界には復帰できないでしょうね。



スポンサーリンク

ビートたけしの愛人③大家由祐子

大家由祐子,画像ビートたけしさんは女優の大家由祐子さんとも交際していました。

ふたりは1996年に公開されたビートたけしさん監督の映画「キッズ・リターン」がきっかけで交際がスタートしたと言われています。

交際により大家由祐子さんはビートたけしさんの映画によく出演するようになりましたが、2003年に公開された「座頭市」以降に破局したそうです。

交際期間は8年ほどだと言われています。

ビートたけしの愛人④キャリアウーマンA子

ビートたけし嫁,画像ビートたけしさんとA子さんとの交際は2014年週刊文春がスクープしています。

この女性は元々は関西の高級ホテルのアドバイザーをしていました。

2015年にはふたりで「T.Nゴン」を設立し、2018年にビートたけしさんが「オフィス北野」から独立しT.Nゴンに所属したのは世間でも話題になりました。

このA子さんが今回ビートたけしさんが再婚した女性なんですよね。

A子さんはビートたけしさんの18歳年下で、交際して早い段階からビートたけしさんは結婚を考えていたということ。
幹子さんと離婚しA子さんと結婚するために「オフィス北野」から独立したのかもしれませんね。

A子さんとは半同棲状態だったようなので、仕事でも私生活でもビートたけしさんを支えていたのでしょう。

まとめ

ビートたけし,画像今回はビートたけしさんの元嫁である幹子さんについてと、ビートたけしさんの不倫騒動についてご紹介していきました。

ビートたけしさんは幹子さんとの間に2人の子供を授かり40年近く夫婦を続けていましたが、結婚中も常に愛人がいる不倫生活をしていたようですね。

ビートたけしさんは今や日本を代表するような大物です。
ビートたけしさんと幹子さんの関係を見ると、大物になる人は私生活も一般人の感覚とは違うのかもしれないと思ってしまいます。