女優

宮崎あおいの若い頃がかわいい!子役時代や学生時代の画像をまとめてみた

2022年現在で36歳になり、今でも少女のように可愛いと言われている女優の宮崎あおいさん。

もちろん現在も可愛らしいですが、若い頃がとっても可愛かったんです。

そこで今回は「宮崎あおいさんの若い頃がかわいい!」ということで、子役時代や学生時代の画像をまとめて紹介していきたいと思います。

宮崎あおいの若い頃がかわいい

宮崎あおい,画像出典元:毎日キレイ

宮崎あおいさんは1985年生まれで、30代になっても「少女のようなかわいらしさ」と評判です。

宮崎あおいさんといえば2017年にV6の岡田准一さんと結婚し、現在2人のお子さんもいます。

こんなにかわいいママだと羨ましい限りですが、2人も子供を出産していてこの可愛らしさを保っているところも凄いですよね。

宮崎あおいさんは実は4歳で子役デビューし、旭化成やサントリーのCMにもでていたそうです。

10代の頃はモデルとしても活躍し、若い女性に人気のピチレモンという雑誌にでていました。

宮崎あおい,画像出典元:ミドルエッジ

あどけない笑顔がお姫様のようでとっても可愛い!

そして1997年頃から本格的に女優業をはじめ、これまでに数々の映画やドラマに出演しています。

2002年にドラマ「ケータイ刑事 銭形愛」に出演したときの宮崎あおいさんがこちら。

そして、宮崎あおいさんが一躍有名になったのが2005年の映画「NANA」です。

この映画では、中島美嘉さんと共演し、宮崎あおいさんは可愛らしい役を演じていましたね。

さらに2008年に出演した大河ドラマ「篤姫」では、一気に全世代への知名度を広めました。

和装姿もとっても似合います。

30代になった現在でも宮崎あおいさんは可愛いですが、若い頃は今より初々しい感じがあり間違いなく可愛いです。

宮崎あおいの子役時代や学生時代の画像まとめ

では、宮崎あおいさんの子役時代や学生時代の画像をまとめてみていきましょう。

宮崎あおいの子役時代:4歳

まずは、宮崎あおいさんの子供の頃の画像です。

宮崎あおい,画像出典元:Twitter

宮崎あおいさんは、母親が「思い出に残るように」という理由で子役にしようと考え、4歳の時に子役デビューしました。

子役時代にはサントリー「緑水」のCMや「旭化成」のCMに出演。

ドラマや映画にも出演していましたが、実際は名前が付かないような脇役が多かったようです。

スポンサーリンク

宮崎あおいの子役時代:13歳

1999年には、映画「あの、夏の日 とんでろじいちゃん」に出演しました。

そのときの画像がこちらです。

宮崎あおい,画像出典元:Twitter

この映画では、中学生だった宮崎あおいさんのヌードシーンが含まれていたことで、一時期話題にもなりました。

宮崎あおいのモデル時代:13歳

そして13歳のピチレモンのモデルをしていた頃の画像がこちらです。

この頃は、毎月雑誌にピチモとしてレギュラーで登場していました。

何度も雑誌の表紙を飾っていましたが、これだけ可愛いと人気が出るのもわかりますね。

スポンサーリンク

宮崎あおいの学生時代:15歳

2001年には映画「害虫」ではじめて主演を務めました。

学生姿が可愛いです!

この映画では演技力の高さでも評価され、第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門の主演女優賞を受賞しています。

宮崎あおいの学生時代:16歳

翌年の2002年には映画「EUREKA」に出演。

この映画でも第16回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞しました。

ちなみに宮崎あおいさんの卒業アルバムの画像がこちらになります。

画質は悪いですが、この頃はすでにモデルや子役として活躍していた時期なので、可愛いのは間違いないでしょう。

宮崎あおいさんの若い頃の画像を見ていきましたが、現在のほうが少し顔がほっそりしたような気がしますね。

しかし、もともと童顔な顔立ちなので、30代になっても可愛いところは変わりないようです。

ママになった宮崎あおいさんですが、これからも可愛い姿をさまざまな場面で見せてほしいと思います。

error: Content is protected !!