タレント

和田アキ子の若い頃がキレイ!昔から現在までの顔画像をまとめてみた

歌手やテレビ番組の司会など、幅広い分野で活躍する和田アキ子さん。

日本人なら知らない人はいないというくらいの大物芸能人ですが、迫力ある見た目と言動で、今や芸能界の番長的な存在に!

しかし、そんな和田アキ子さんも若い頃はかなりキレイだったんです。

そこで今回は、和田アキ子さんの昔から現在までの顔画像をまとめて紹介していきたいと思います。

和田アキ子の若い頃がキレイ!

和田アキ子,画像出典元:spice

和田アキ子さんは、厳しい父親に耐えかね、中学1年の時に家出をし、大阪の繁華街で喧嘩に明け暮れる毎日を送っていました。

しかし、洋楽が好きだったことからジャズ喫茶に通うようになり、15歳のときからジャズ喫茶「ゴーゴークラブ」で歌うように

16歳のとき、パワフルな歌声が評判となり、大手芸能事務所「ホリプロ」の社長に紹介されスカウトされました。

1968年、和田アキ子さんが18歳のとき「星空の孤独」で歌手デビュー

和田アキ子,画像出典元:Twitter

当時から174cmという高身長で、当時から見た目にもかなりインパクトと迫力がありました。

デビュー当時は可愛いというよりかっこいいというイメージがありますが、若い頃はとてもキレイで整った顔立ちをしていますね。

和田アキ子の昔から現在までの顔画像まとめ

和田アキ子,画像出典元:wada-ya.com

では、和田アキ子さんの昔から現在までの顔画像をまとめて見ていきましょう。

【顔画像】「どしゃぶりの雨の中で」が大ヒット:1969年

デビュー曲である「星空の孤独」はそれほど売れませんでしたが、1969年にリリースした「どしゃぶりの雨の中で」が17万枚を売り上げる大ヒットを記録。

この曲がヒットしたことで、和田アキ子さんは一気に有名になりました。

スポンサーリンク

【顔画像】代表曲となる「笑って許して」:1970年

和田アキ子,画像出典元:キキミミ

現在でも和田アキ子さんといえばこの曲というイメージがついている「笑って許して」を1970年にリリースしました。

この曲が約20万枚を売り上げる大ヒットとなり、オリコンチャートでも11位を記録

このときは、髪が少し長めで、女性らしい優しい雰囲気があります。

和田アキ子さんは、この曲をリリースした年の紅白歌合戦に初出場しました。

スポンサーリンク

【顔画像】「あの鐘を鳴らすのはあなた」でレコード大賞:1972年

さらに1972年には和田アキ子さんの代表曲となる「あの鐘を鳴らすのはあなた」をリリース。

この曲で和田アキ子さんは「第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞」を受賞しました。

この頃は、現在に比べると顔がふっくらとしていて、化粧のせいか女性らしさもかなりあります。

【顔画像】「金曜10時!うわさのチャンネル!!」に出演:1973年

和田アキ子,画像出典元:Twitter

歌手として走り続けてきた和田アキ子さんでしたが、1973年にはバラエティ番組「金曜10時!うわさのチャンネル!!」に出演します。

この番組は視聴率30%を超えるオバケ番組となり、タレントとしての地位も築いていきました。

さらに、この番組で子分役のタレントを鍛える企画があり、この頃から和田アキ子さんが乱暴者というイメージがついていく結果に。

【顔画像】30代の和田アキ子:1980年

和田アキ子,画像出典元:amazon

和田アキ子さんが30歳のときの画像です。

歌手としてもタレントとしても活躍をみせ、30代になりさらに大人っぽく、迫力も増しました。

この画像を見ると、モデルさんなみにキレイですね。

【顔画像】現在の和田アキ子:2021年

和田アキ子,画像出典元:日刊ゲンダイ

和田アキ子さんは現在70歳を超えました。

最近の和田アキ子さんといえば、2018年に眼瞼下垂の手術をしてかなり目の印象が変わり、話題となりましたね。

眼瞼下垂の手術を受けたあとの画像がこちら。

確かに別人のようです。

老化によりまぶたが垂れ下がったことで視野が狭くなり、眼瞼下垂の手術を受けたということ。

しかし、2019年には眼瞼下垂の修正手術を行ったそうで、現在は手術前の和田アキ子さんにかなり近づきました。

和田アキ子,画像出典元:Sirabee

和田アキ子さんは若い頃キレイだったということがわかりましたが、現在でも70歳を過ぎたとは思えないほどまだまだ若々しいです。

今後も、元気で迫力いっぱいの和田アキ子さんの活躍に期待していきましょう。