女優

吉岡里帆の出身高校大学!学生時代のエピソードや卒アル画像もまとめてみた

ドラマやCMで活躍を見せる吉岡里帆さん。

京都で生まれ育ち、上京して女優の道へと進んだということですが、その学歴が気になるところ。

そこで今回は、吉岡里帆さんの出身高校や大学について紹介していきたいと思います。

さらに、学生時代のエピソードや卒アル画像も紹介していきましょう。

吉岡里帆の出身高校・大学

吉岡里帆,画像出典元:exciteニュース

まずは、吉岡里帆さんの出身高校や大学など、学歴をみていきましょう。

吉岡里帆の出身小学校

吉岡里帆,画像出典元:sotsuaru.net

吉岡里帆さんは1993年1月15日、京都市右京区太秦で生まれました。

そして、地元京都市内の公立校である京都市立広沢小学校に入学。

小学生の頃は書道を習っていて、当時はプロの書道家になりたいと思っていたそうです。

小学校卒業後は京都市内の公立校である京都市立嵯峨中学校に進学。

中学生の頃は、映画「スイングガールズ」の影響で吹奏楽部に入部し、アルトサックスを担当していたそうです。

スポンサーリンク

吉岡里帆の出身高校

吉岡里帆,画像出典元:Twitter

中学を卒業後、吉岡里帆さんは京都府立の嵯峨野高校に進学しました。

この学校は京都府内では有数の進学校として知られ、偏差値は65という難関校。

この学校に一般受験で合格したということは、かなり頭が良かったことがわかります。

高校時代は大学進学のために猛勉強をしていたそう。

登校すると1時限の前から国語や英語の課題に取り組む進学校に通っていた。放課後は大学進学のための特別授業にも参加。「勉強をするのは自分のため。それは分かっていたのですが……」。勉強漬けの毎日に息苦しさを感じていた。「大学に進学する以上の目標が見つからなくて。自分は何に向かって勉強すればよいのか苦しみ、悩みました」

引用元:高校生新聞

しかし高校3年生のとき、映画「天地明察」にエキストラとして参加したことがきっかけで舞台を観に行くようになり、女優に興味をもつようになります。

そして俳優養成所にも通いはじめ、演技の経験を積んでいきました。

スポンサーリンク

吉岡里帆の出身大学

吉岡里帆,画像出典元:actresspress

女優に興味を持っていた吉岡里帆さんでしたが、高校を卒業後は京都橘大学 日本語日本文学科 文学部 書道コースに進学をしました。

この大学は古くから書道の指導に定評があり、吉岡里帆さんは子供の頃からの夢であった書道家を目指すようになります。

しかしその一方で演劇への思いを断つことができず、大学1年生のときに小劇場の舞台に立ち、自主映画の制作にも参加するようになりました。

演技の勉強をするため、京都から東京までレッスンにも通っていたそう。

そしてこのとき吉岡里帆さんは書道家の夢を諦め、東京にでて女優を目指すことを決意します。

大学も東京の大学に転学しましたが、転学先の大学はわかっていません。

吉岡里帆,画像出典元:デイリー

上京後はオーディションを受けては落ちる日々でしたが、2016年朝ドラ「あさが来た」のヒロイン役に抜擢されます。

そして、これがきっかけで吉岡里帆さんは女優としてブレイクしました。

スポンサーリンク




吉岡里帆の学生時代のエピソードや卒アル画像

吉岡里帆,画像出典元:Twitter

では、吉岡里帆さんの学生時代のエピソードや卒アル画像を紹介していきましょう。

エピソード①【バレンタインチョコをあげた初恋の想い出】

吉岡里帆,画像出典元:Twitter

吉岡里帆さんは幼稚園のとき、ネイビーズアフロのはじりさんと同じ幼稚園に通っていて、はじりさんに初恋をしました。

しかし、卒園後は別々の小学校に行くことに。

小学校が変わってからもずっとはじりさんのことが好きだった吉岡里帆さんは、小学3年生のとき住所を調べてはじりさんの自宅に行きました。

そしてバレンタインチョコを渡し「ずっと好きでした」と告白したそうです。

とても可愛らしい初恋の想い出ですね。

スポンサーリンク

エピソード②【高校の修学旅行に行けなかった】

吉岡里帆,画像出典元:Twitter

吉岡里帆さんの学校は、高校2年生のときの修学旅行の行き先がシンガポールとマレーシアだったそうです。

しかし、吉岡里帆さんは修学旅行の前日にパスポートをなくしてしまい、ただひとり修学旅行に参加することができなかったということ。

修学旅行は高校時代の最高の想い出となる行事なのに、パスポートをなくしちゃうなんて悲しすぎますね。

エピソード③【上京して事務所に猛アピール】

吉岡里帆,画像出典元:ヒカリグラフ

吉岡里帆さんは大学時代に上京し、現在の所属事務所であるエーチームの社長に直談判して事務所に入りました。

このとき「看板女優になるから、お願いだから私をすぐにここの事務所に入れてください」とお願いしたということ。

喫茶店でマネージャーに会ったときには、店内で自分の演技を披露したのだとか。

かなり積極的に猛アピールをして事務所に入ったんですね。

error: Content is protected !!